タレントマネジメントや組織活性化のコンサルティング「実績」で選ぶならM-IT。エムアイティソリューションズ

実績で選ばれ、お客さま継続92.8%

岡谷エレクトロニクス(株)
相模ゴム工業株式会社
歯科材料・技工材料 | Ciメディカル
株式会社シーエックスカーゴ
地下タンクの設計・製造のトータルプランナー|玉田工業株式会社
TOTO株式会社
東京システム技研
東芝総合人材開発株式会社
株式会社日産アーク
丸栄日産株式会社
福岡市
株式会社平和
株式会社 菱友システム技術(RSG)
明光ネットワークジャパン
株式会社 ヤギ
実績は五十音別に掲載させております
  • 職場の実践活動 × タレントマネジメント

    「おもしろ会社」を目指す相模ゴム工業(株)さまが、社員の実力養成をねらいとして計画された「おもしろ塾」。そのプロジェクト発足の想いについてお話を伺いました。

    このお客さまとの対談を読む »

    Label

  • 職場の活性化 × イノベーション

    「総合レジャー企業」へのイノベーション実現のために、組織の現状把握と職場の問題解決を目的として、(株)平和さまへと導入された「マネジメント2.0」についてお話を伺いました。

    このお客さまとの対談を読む »

    Label

  • 明光の人づくり × 人財マネジメント

    フランチャイズ展開する明光義塾は、生徒数14万人を預かる業界のリーディングカンパニーです。今回は、「明光の人づくり」について、人事部長である植村さんにお伺いしました。

    このお客さまとの対談を読む »

    Label

お客さまと共に歩み、つぎの一歩をとことん考える。それが、M-ITの強み。

  • 卓越したデータ分析。

    人と組織を科学し、多角的に調査分析をします。問題解決に向け、「収集データが何を表しているか」「どのように現場で活用できるか」を意識し、論理的アプローチで経営に生きるサポートを心がけてまいります。

    卓越したデータ分析
  • 逃げないコンサル姿勢。

    お客さまの真のパートナーとして、事業推進・組織の問題解決に立ちはだかる多くの障壁に正面から挑んでまいります。

  • いかに分かりやすく、いかに効果をあげるか。

    常に「いかに分かりやすく、いかに効果をあげるか」を信条とし、一般的に複雑・難解になりがちな提供ソリューションをしっかりとご説明し、お客さまご自身で解決行動を実践していただけるよう全力でサポートさせていただいております。

    どんな些細なことでも結構でございますので、ご不明な点はいつでもお尋ねください。

    また、「こんな資料ない?こういうデータ分析がしたい」などのご要望もお気軽にお申し付けください。

  • 代表:金澤健郎

M-ITコンサルティング 代表 金澤健郎

代表:金澤健郎 より みなさまへ

お客様がイノベーションに成功し、成長を創りだすことが、私たちの一番の喜びとする会社であり続けるということを常に念頭に置いています。そのために、仕事はどうあるべきか、社員はどうあるべきか、熱く語り合える組織を大事にしています。

[略歴]国内大手コンサルタント会社にて代表取締役副社長を務めた後、2010年にM-ITソリューションズ(2015年にM-ITコンサルティングへと社名変更)を創業し、代表取締役に就任。企業の事業推進を戦略・組織・人財の面から支援し、約1,000社に上る実績を有する。マネジメント・コンサルタント)、全日本能率連盟 人財マネジメント資格認定委員会委員長などを歴任。

経営・企画部門のみなさまへ

「イノベーションとマネジメント2.0」で貴社の活性化を。

変化が激しい時代の中で、どれだけ幅広い事業成長の選択肢を模索することができるでしょうか残念ながら、多くの組織では、狭い視野で戦略策定が成されています。 M-ITでは、未来を予測していく精度を高めながら「戦略策定」し、また実行段階では、必ず問題となる「人財を活かす組織作り」の両側面からご支援いたします。

■ 実例事例

お悩み

事業戦略や組織体制の再構築を行いたい!

実施ソリューション

中長期経営計画策定コンサルテーション

お悩み背景

国内市場の閉塞化の中でどのような対応が可能なのか、中国を始めとした海外需要の拡大に伴ない組織体勢をどうするか、様々な可能性とシナリオを検証し、方向性を早く打ち出す必要があった。

[ 実施内容 ]

  • プロジェクトチームの勉強会

    戦略の考え方や手法、組織に考え方やその変革に関する理論と手法などをプロジェクト活動にはいる前段階でプロジェクト活動に関係する内容を全般的に学習する機会を設けた。

  • 現状認識の共有と環境シナリオ分析の実施

    現在の市場や組織の状況、業績の状況を確認することから始め、現在の環境の進展を検討。その過程で影響を与える要因を分析し、複数の環境シナリオを描き、5年後・10年後とどのような事態が想定されるかを確認した。

  • 業界でのポジショニングと成長戦略の策定

    業界各社の動向を整理し、その戦略的特徴を分析するとともに、業界の中で展開済みの戦略パターンと市場への影響を考察。競争優位の源泉を明らかにし、どのような成長戦略を選択することが妥当性があるのかを検討。市場・技術・生産・品質管理・開発・営業等の個別戦略に落とし込み、全体の整合性をとった上で、コンティンジェンシーを想定、全体計画がまとめられ、報告がなされた。

実施対象

期間
6ヶ月
対象
経営企画部門
プロジェクトチーム

実施効果

全体計画が着手されている段階ではあるが、プロジェクトメンバーの成長には目をみはるものがあるという評価をいただいている。

担当コンサル:岩 﨑

岩崎

未来環境を検討し、戦略を策定する過程で視点の違いから衝突がよく起こりました。その議論が実施段階で「自分たちの未来は自分たちが創る」という気概につながり、現在も組織を本気にさせています。

経営・企画部門からのFAQ (よくあるご質問)

Q1.

どんなご支援が増えていますか?

A.

上記のような中計策定のお手伝いだけではなく、その戦略を推進していくため、「イノベーションを実現していくための組織・職場活性化のプロジェクトのご支援」なども増えています。

Q2.

いま主流となってきている「マネジメント2.0」とはどういった考え方ですか?

A.

従来のマネジメントとは、従業員が与えられた任務を適切に遂行するように、また、効率的に行うように管理監督することであり、そこに目標をブレークダウンし、不平不満を抑え、詳細なルールと手順に従って遂行させることが基本となっていました。これを「マネジメント1.0」といいます。
今日求められている「マネジメント2.0」は、高邁な目標を掲げ、新たに組織を束ねる方法を探求することです。従業員にはコミュニティの一員としての自覚を促し、多様性を高めさせ、奨励し、創発を促し、裁量の幅を拡げていくように働きかけることが基本です。

営業部門 のみなさまへ

「ニーズ」は発掘するものではなく、創り出すものです。

これまでの成功が通用しない。でも、何をどう変えたらいいのかも分からない。結局、今まで通りの営業スタイルから変わることができない企業が多く存在します。お客さまを徹底的に理解し、お客さまと共に創り上げていく営業、お客さまの半歩先を行く提案を仕掛けていくことが鍵となります。

■ 実例事例

お悩み

価格競争に巻き込まれない戦略展開が必要だ!

実施ソリューション

営業力強化プログラム

お悩み背景

競合も戦略的に市場攻勢をかけてきている中で、価格競争に巻き込まれない戦略展開を図っていくことが考えられていた。しかし、営業活動が従来の活動に終始し、戦略行動がとれずにいた。

[ 実施内容 ]

  • 市場・顧客の状況把握

    戦略の考え方や手法、組織に考え方やその変革に関する理論と手法などをプロジェクト活動にはいる前段階でプロジェクト活動に関係する内容を全般的に学習する機会を設けた。

  • 提案型営業のスキル向上と実践

    現在の市場や組織の状況、業績の状況を確認することから始め、現在の環境の進展を検討。その過程で影響を与える要因を分析し、複数の環境シナリオを描き、5年後・10年後とどのような事態が想定されるかを確認した。

  • 創造的思考と提案活動の強化

    業界各社の動向を整理し、その戦略的特徴を分析するとともに、業界の中で展開済みの戦略パターンと市場への影響を考察。競争優位の源泉を明らかにし、どのような成長戦略を選択することが妥当性があるのかを検討。市場・技術・生産・品質管理・開発・営業等の個別戦略に落とし込み、全体の整合性をとった上で、コンティンジェンシーを想定、全体計画がまとめられ、報告がなされた。

実施対象

期間
6ヶ月
対象
営業4部門の営業
及び営業管理

実施効果

営業活動の切換えによる戸惑いはあったものの、成功事例の蓄積により、メンバーの行動に良い影響が生じ、市場開拓・顧客開拓が進んでいる。

担当コンサル:渡 邊

渡邊

プログラムの実施を通じて、営業の認識が転換したことが行動の切り替えにつながりました。また、部門内や部門間の連携によるチームワークの改善が、戦略的な営業行動を後押ししています。

営業部門からのFAQ (よくあるご質問)

Q1.

営業強化に今求められるキーワードとは?

A.

「ニーズ」はお客さまが持っているわけではなく、「ニーズ」を作る時代になってきました。その中で ①営業の戦略理解力の向上 ②市場の徹底的な理解 ③センスではなくサイエンスする営業活動が必須になってくると思います。

Q2.

どういったアプローチで、支援していますか?

A.

どういった成果を目指すのかしっかりとお打合せの上、ソリューションのスタイルをデザインしてきます。営業戦略の見直しが必要な場合は、その見直しから、営業活動の中でのナレッジマネジメントが十分になされていない場合は、その風土醸成を図っていきます。

Q3.

その他、特徴的なことはありますか?

A.

M-ITでは、1社単独のソリューションだけではなく、色々な会社と組んで、ソリューションをご提供します。例えば、B2B2Cのマーケティング強化をキーワードに、営業システム、ソーシャルメディア活用、営業プロモーションまで含めて色々な会社と組み、トータルのソリューションを提供している事例もあります。

人事部門 のみなさまへ

タレントマネジメントこそが、人事施策の効果を上げる!

タレントマネジメント推進の上で重要なことは、戦略や組織の問題と合せ、人財調査・人財分析を行い、人財状況を把握することと。さらに、人財価値が最大化されるような組織設計・人財マネジメントの体制を整備することです。M-ITではコンサルテーションからトレーニングまで、幅広いアプローチでタレントマネジメント推進を支援いたします。

■ 実例事例

お悩み

「戦略的思考力」をもつ人材を育成してほしい!

実施ソリューション

戦略人財層の強化プログラム

お悩み背景

既存国内市場の縮小によるグローバル化への対応と、業界内競争状況の変化(M&A等による再編)の中で業績向上を目指す為には、過去の延長線上にない成長戦略を創出し、具現化する必要があった。

[ 実施内容 ]

  • 事前課題

    業務の現状を分析し、変革テーマ設定と改善プランを検討してくる。

  • 研修会

    変革型リーダシップに求められる視点啓発のプログラムを実施。プログラム後半では研修会での学びを踏まえて事前課題のブラッシュアップ作業を行った。

  • 事後実践

    各職場で報告会を開催し、変革プランを業務のPDCAサイクルへ融合させた。

実施対象

期間
6ヶ月
対象
管理職直前の
新任昇格者

実施効果

部門のトッププレイヤーであると同時に、幹部社員目線で部門をコーディネーションするという目線と行動への変化が受講者に見られた。

担当コンサル : 福 間

福間

“戦略人財”層として求められる要件である「戦略的思考力」を養うことを目指しました。プログラムを通じて、『マインドセット』を養い、周囲に働きかけ牽引するリーダーシップ能力の啓発を行いました。

お悩み

ビジネスクリエイター人財を登用・育成したい!

実施ソリューション

アセスメント研修

お悩み背景

調査結果、組織の全体傾向として短期志向で創造性が弱い風土と判明したため、管理者のマネジメント傾向が偏っているという結論に達し、中期的にバランスを取った人事政策を行う必要性があった。

[ 実施内容 ]

  • 事前診断

    パーソナルスキャンを実施し、受講者の属性診断を実施した。

  • 研修会

    会社から人財への期待水準(ディメンジョン)に基づき、インバスケット、ケースメソッド、思考訓練などの実習を通じて人材アセスメントを実施した。

  • 報告会

    事務局への全体報告会を実施。それとは別に受講者個別の報告会を実施した。

実施対象

期間
6ヶ月
対象
管理職登用
候補者の方々

実施効果

アセスメント結果は管理者登用の参考データとして活用され、能力開発ポイントについて解説を行い、受講者の自己成長への動機づけを行った。

担当コンサル : 中 原

中原

昇格候補者を登用審査するアセスメントプログラムを実施しました。評定結果を整理し、それを今後の能力開発につなげ、個々人のステップにつながるように実施しました。

人事部門からのFAQ (よくあるご質問)

Q1.

タレントマネジメント活用のため、取り組むべきことやポイントは?

A.

タレントマネジメントとは、人財の持てる力をしっかり把握し、その力をどの方向に活用することが可能なのかを見極めるもので、6つの事業成長促進改革ポイントの要といえるでしょう。

Q2.

その6つの改革ポイントとはどんなことですか?

A.
[ 第一 ]
売上は拡大できても営業利益は拡大できない状況をどのように改革するのか。ニーズ対応的な発想から需要喚起的な発想に転換していかなければなりません。
[ 第二 ]
戦略立案、組織設計、運営システムの構築といった、構造中心の決められた枠組みの中での効率性の追求は効果を失いつつあり、事業の真の目的に沿って、プロセスを創っていける人間中心の新たな枠組みを創出するイノベーションの追求で効果を上げていかなければなりません。
[ 第三 ]
階層制のネガティブな面(固定的な役割、固定的な権限の行使、硬直化した意思決定など)を排除し、情熱的な組織をつくることが求められます。
[ 第四 ]
言い訳や責任回避するような防衛的な組織風土から、変化を歓迎する創造的で挑戦的な組織風土へシフトすることが重要な要素となります。
[ 第五 ]
大量生産・大量消費時代の効率追求型のマネジメント1.0から脱却し、不連続・不確実な時代の新たな事業のあり方、組織のあり方を探求するマネジメント2.0へマネジメント・イノベーションを図らなければなりません。
[ 第六 ]
優秀な個人を採用、配置するという人事プログラムだけでなく、 人財を育成し、活用できる優れたチームを育成するプログラムを併せ持つことが大切です。
Q3.

タレントマネジメントを効果的に推進するためのキーポイントは何ですか?

A.

タレントマネジメントを推進するには、パーソナリティ・モデルに基づいた人財調査・人財分析を戦略や組織の問題と合わせて、しっかり人財状況を把握することがキーポイントとなります。

会社概要

[ 名  称 ]
株式会社M-ITコンサルティング
Management-IT Consulting,ltd.co.
[ 代 表 者 ]
代表取締役社長 金澤 健郎
[ 設  立 ]
2010年5月21日
[ 資 本 金 ]
25,000千円(2013年3月1日現在)
[ 事業概要 ]
コンサルティング事業 / トレーニング事業 / ITソリューション事業
[ 本  社 ]
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-6-5 八重洲五の五ビル(受付)5F (Google Map)
TEL:03-6225-2841(代表)FAX:03-6225-2848
[ 福岡支社 ]
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-9-35 トウセン天神ビル 7F (Google Map)
TEL:092-406-5341 FAX:092-406-5342
[名古屋支社]
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-18-5 白川第六ビル 3F (Google Map)
TEL:052-212-5988 FAX:052-212-5977
[ 大阪支社 ]
〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-1-2 キューアス平野町ビル 5F (Google Map)
TEL:06-6224-0651 FAX:06-6224-0652
[パートナー]
上海徳理法律事務所 (HP)
[ 顧問弁護 ]
高橋むつき法律事務所 (HP)
[ 加盟団体 ]
東京商工会議所中央支部 / 組織学会 / 経営行動科学学会 / 日本経営倫理学会 / 米国産業・組織心理学会(Society of Industrial Organizational Psychology)
  • MAP

M-IT本社へのアクセス

  1. 1.
  2. 2.
  3. 3.
  4. 4.

  5. 5.

  6. 6.
  1. 東京駅へ向かう
  2. 東京駅八重洲南口[A地点]へ
  3. 南口を出て右手へ進む
  4. 八重洲ブックセンターとローソンが見えたら、横断歩道を渡り[B地点]へ
  5. ローソンを右手にまっすぐ進むと、右手に「八重洲五の五ビル」が見える
  6. M-ITの受け付け5Fまで上がる

Label

▲PAGETOP