タレントマネジメント組織活性化はM-ITコンサルティング

目指すべき姿は「おもしろ会社」

1934年日本で最初に天然ゴムラテックス製コンドームの製造・販売が開始され、以来、日本国内だけではなく、世界約80ヶ国で相模ゴムのコンドームは愛用されています。

品質には世界的定評もあり信頼されている商品ですが、今後、更に日本国内だけでなく、グローバルにも市場拡大を図るためには、組織改革と人財育成は必要不可欠でした。

「おもしろ会社」になりたい。そんな想いを実現するべく社員の実力養成をねらいとして計画された「おもしろ塾」は、社内でも期待のかかったプログラムとなっています。本プロジェクトのご責任者お二人に本プロジェクト発足の想いについてお話を伺いました。

組織改革に向けた挑戦

相模ゴム工業(株) 原 さま :

組織改革と言っても、現在の組織の問題点を洗い出す方法すら分からず、問題を洗い出せたとしても、それらによって実際の組織にどの様な影響を及ぼしているのか検討もつきませんでした。

組織改革については、当然素人なので、書店で立ち読みした程度の知識しかなく、お題目では分かっていても、営業組織の抜本的な改革に着手出来ない状態が続いていましたね。

相模ゴム工業(株) 蓼沼 さま :

それに、製造・開発・品質管理といった種々の仕事に携わるユニットが集合してできている工場では、人と人の関係や部門間の関係がタテ・ヨコに複雑に組み合わされています。

もちろん、長い歴史の中で、これらの関係が連綿と受継がれて来ていいるので、それを改革するという事はそれなりの覚悟が必要であると感じていましたね。

事業成長を促進するポイント

M-IT 金澤 :

事業成長を促進していくためには、いくつかのポイントがあるわけですが、市場の需要を喚起するような発想へと転換させることや、新たな枠組みを創出するイノベーションを追求することも大切です。

それに、創造的で挑戦的な組織風土へとシフトすることが重要な要素でもあります。そして、しっかりと人財を育成し、活用できるような優れたチームを創ることが大切なんです。

その根幹にある考え方がタレントマネジメントと言えるでしょう。

M-IT 渡邊 :

これまでのタレントマネジメントといえば、欧米で盛んに議論されている考え方であり、日本ではあまり定着するどころか、議論さえ行われていなかった概念といえます。

M-ITでは、早い段階でタレントマネジメントに注目し、人財育成の柱として、実務レベルにこの考え方を落とし込んでまいりました。日本国内でも最近やっと、このタレントマネジメントという考え方が展開され始めたという印象をもちます。

変革への抵抗

相模ゴム工業(株) 原 さま :

確かに、M-ITさんは早かった。当時、タレントマネジメントと言う言葉すら聞いた事はありませんでしたから。

ですから、深い知識も経験もない私どもにとって、その導入も効果も検討がつきませんでしたね。

当然、当社の目指す営業のイノベーションに、実際にどんな効果があるのか、具体的な予想など出来るはずもありませんでした。

それに、現在まで続いていた手法を変える事に対して自分自身の抵抗もありましたね。

ですから、未だ経験も聞いたこともない「タレントマネジメントという新たな考え方」を取り入れる事には、大変勇気が必要でしたよ。

相模ゴム工業(株) 蓼沼 さま :

しかし、一方で、工場では「適材適所・リーダーの育成・開発、その評価」について、絶えず頭を悩まされて来ていたんです。

当社が進めてきた考え方が、本当に正しいのかどうかと疑問に思っていました。

特に人材の多様な工場では、簡単に意識改革が出来るのかと不安に思っていました。

そこで、ここは是非、M-ITさんには「客観的」に当社を様々な角度から見ていただきたいと考えるようになり、お願いすることとなりました。

タレントマネジメントによる展開

M-IT 金澤 :

工場だけでなく、各職場には様々な特徴を持った人財がいらっしゃいます。

リーダーシップを発揮し、メンバーを鼓舞し引っ張って行ってくれる人、率先して物事に従事し、業務をこなす人、そしてパフォーマンス高く活動できる人など様々いらっしゃると思います。

ポイントとしては、いかにそういった“才能”=“タレント”をマネジメントして、効果的な人事施策を展開していくかであり、「職場の活性化」や「組織改革」にはかかせない考え方です。

「おもしろ塾」では、この考え方をベースにした様々なプログラムを実施していきますが、それを通じて、人財育成すなわち「実力養成」に繋がればと思います。

M-IT 渡邊 :

既に何名かの参加されていらっしゃるメンバーの顔つきや言動が変わってきた方もいらっしゃいますよね。難しいからなのか、何かを掴んで自ら変わろうとされていらっしゃるからなのか…後者であって欲しいですが(笑)

冗談はさておき、このおもしろ塾のプログラムを通じて社員の皆さんの行動変容が促進され、目標としている組織である「おもしろ会社」へと、うまくイノベーションしていきましょう。

今後とも、組織改革のお手伝いができるよう全力で支援させていただきますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

本日は、貴重なお時間ありがとうございました!

対談者について

  • 相模ゴム工業(株) 取締役営業副本部長

    原 信司 さま

  • 相模ゴム工業(株) 取締役製造副本部長

    蓼沼 茂夫 さま

  • (株)M-ITコンサルティング 代表取締役社長

    金澤 健郎

  • (株)M-ITコンサルティング C.T.U.コンサルタント

    渡邉 篤史

▲PAGETOP