タレントマネジメント組織活性化はM-ITコンサルティング

さらなる成長に向けた明光の人づくり

フランチャイズで展開する明光義塾は全国2000教室を越え、生徒数14万人を預かる業界のリーディングカンパニーです。今回は人事部長である植村さんにお話を伺いしました。

明光義塾の成長の秘訣「フランチャイズ+理念」

(株)明光ネットワークジャパン植村 さま :

従来、教育業界は詰込み型、注入型の教育でしたけれども、発散型、将来に向けて思考を広げていくような教育をしている会社が必要ではないかという発想で約25年間やってきた会社です。

代表の渡邉が1984年に会社を創業して、いわゆる家庭教師に代表されるような個人指導ではなく、その子をディレクションする個別指導というやり方でビジネスを展開していきました。

高校進学が難しいのではないかと言われてきた生徒が、明光の個別指導に触れて、本人の目が変わり、ご家族も変わる。本当に感謝してもらえるビジネスだと思います。

そんな草の根的な教育の活動が、フランチャイズのオーナーの皆さんに信頼して頂けた。結果として、人に感謝して頂くことに喜びを感じる人たちが集まるようになりました。

他の競合企業さんからも羨ましがられます。「フランチャイズがなぜ増えるのか」と。また、フランチャイズとしてただ展開するだけではなく、常にトップ自らが現場を回って、理念を伝える。フランチャイズ+理念。オーナーさんからみても、そのやり取りから、今自身が取り組んでいることが地域社会に貢献するという実感を持って頂けると思うんです。

2012年度働き甲斐のある会社ランキング19位にランクイン

M-IT渡邉 :

以前より御社は、働き甲斐のある会社ランキングの上位に入っていらっしゃいますね。

先ほど植村さんが言及されたように、人に感謝して頂くことに喜びを感じる人たちが集まっていることで、仕事に対しての取り組み姿勢に大きな差が出てきており、その証拠が現れているのだと思います。

御社のマネジメント層へのトレーニングプログラムでご一緒させて頂くなかで、「明光ネットワークジャパンへのロイヤリティが高く、会社や職務に対して情熱的に取り組もうとされている方々が多い」と感じておりました。

マネジメント層のみなさんが管理者としての使命感や、任ぜられた役割を果たさなければならないという責任感をしっかりとお持ちですよね。

時にそれが空回りしてしまい、つい課題処理中心・結果追求中心のマネジメントやコミュニケーションになることもあるかもしません。しかし、その情熱こそが働き甲斐となり、御社をここまで大きく成長してきた原動力となってきたのだと強く感じます。

明光を支える「人財」とは

(株)明光ネットワークジャパン 植村 さま :

明光の社員の特徴は?と聞かれると、「カラーがない事がカラー」かも知れませんね。中途社員が7割でいろんな業界から来ています。

社員は教える立場になることはなく、教室運営だけを行います。接客業の店長と一緒で、講師を活かし黒子的な役割が求められます。

それが、影響してか、いい人がホントに多いです。逆に、アグレッシブに出ていかなければならない場面では弱いかもしれませんが。

どうしても教室運営ばかりに集中してしまうので、世の中が見えなくなる。世間を見るため、他の部門を見るための仕組み立てをしていく必要があると考えています。

世間を見るためであるなら、「一回出ても戻ってくることができる会社」になっても面白いのかなと思っています。

これからの課題は、ずばり「課題解決型人財」をどのように育てるかですよね。

これは、サービス業の宿命かも知れませんが、問題が発生すれば即対応。モグラたたきのような対応になってしまう場合があります。会社としても従来のビジネスだけでなく、色々な事業にチャレンジしていますし。

ですので、本質的な課題を抽出して解決していける思考力を身に付けて、実践していっていただけるように明光の社員を支援していきたいです。

そんな中でお手伝いさせて頂くことになりました。

(株)明光ネットワークジャパン 植村 さま :

まずは土台作りとして、しっかりとOJTの連鎖を作っていく流れの中でお願いすることにしました。

毎日現場に行く職場ではないから、本人の成長を支援するようなマネジメントの風土を作るため、「人」の側面に焦点を充てていきたかったのです。

M-ITさんは、パッケージ商品の決まったメニューで「これどうでしょう?」ではなく、ちゃんと我が社に合わせた提案をしてもらえたこと、つまりカスタマイズ力があったんです。

ぜひM-ITさんには、人事コンサルとしてではなく、事業推進支援コンサルとして、「マネジメントが変わった」という声が、受講者、現場から出てくることを期待していますよ。

M-IT渡邉 :

植村さま、ありがとうございます。

マネジメントの成功要因・失敗要因について根本原因を深く洞察して考える思考力を高められるようにしていくことは本当に重要です。

しかし、会社としては業務提携や買収が進みビジネスの課題がどんどん複雑化してきている中、組織をイノベーティブな体質にして市場創造と顧客満足を得ていく為には、より人間中心型の運営を求めていく必要があると思います。

そういった意味では、業務の制約条件が発生する中でマネジメント層が“創発型”によるコミュニケーションと従業員満足を追求する必要があるでしょう。

そのようなお手伝いができるよう引き続き全力を尽くして参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

本日は、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

対談者について

  • (株)明光ネットワークジャパン 人事部長

    植村 友一 さま

  • (株)M-ITコンサルティング C.T.U.コンサルタント

    渡邉 篤史

▲PAGETOP