タレントマネジメント組織活性化はM-ITコンサルティング

組織の正しい現状把握をしてこそ、
イノベーションは実現できる!

「もっと楽しめる未来をつくろう」を合言葉に、パチンコ・パチスロというアミューズメントマシン(遊技機)のメーカーとして企画~開発~製造~販売までを一貫して手がけていらっしゃる平和グループ。

日本独自の娯楽文化として広く浸透しているパチンコ・パチスロですが、その歴史はパチンコ約80年、パチスロは約45年にもなります。歴史ある大人のレジャーを盛り上げるにとどまらず、平和グループ内では日本のゴルフ場売り上げシェアの約30%を持つPGMホールディングスでもスポーツ分野で楽しい時間を提供されています。

将来、「総合レジャー企業」へのイノベーション実現のために、組織の正しい現状把握と職場の問題解決を一緒になって関わって欲しいというご依頼を受け、M-ITがお手伝いをさせていただいております。

取り組むべき問題を明確にする「組織診断」

(株)平和中水 さま :

弊社でいまお願いしている管理職研修ですが、その事前に実施した「組織診断」は、職場の現状を把握する上でも重要ですよね。

場合によっては、厳しい結果が出るときもありますが、課員の認識傾向や職場での問題点が数字として示されることによって、取り組むべき問題が明確になります。

さらに、今回の研修対象となる管理職へも的を外さない課題提示ができるので、より効果的といえます。

長期に渡るプログラムでは、すぐに効果が見えるものではありませんが、徐々に良い方向へ向かっているのが分かります。

データが語る職場の視えない課題

M-IT岩崎 :

やはり、職場の活性化を実現するためには、まず職場の問題解決が実践されなければなりません。そして、その活動を通じて、課員の皆さんの士気が高揚し、そしてそれが活性化に繋がります。

我々も数多くの職場をみてきましたが、

「職場で挙がっている問題・課題が解決されずに放置され、不平・不満などの発言、社員同士でコミュニケーションを取らない、目の前の業務に追われ、自分には関係ない!」

と、見て見ぬふり…こんな状態が散見されます。

このような状況では闊達なやり取りはできないですし、創造的な仕事もできませんね。

しっかりと職場の問題はどこにあって、課員はどんな風にその問題を認識しているのか、定量的に視える形にして、議論できる環境にすることが重要です。

そういう観点では、弊社の各種診断ツールをご活用いただくことは効果的であると思いますよ。

マネジメント2.0 の導入

(株)平和 中水 さま :

それから、研修会でご案内いただいている

「マネジメント2.0」の考え方も重要ですよね。

当社では何機種ものパチンコ・パチスロ台の開発で制作プロジェクトが走っています。制作の納期がそれぞれ決まっており、ストレス状況の高い厳しい環境下で働いている課員もいると思います。

そんな状況で、管理職のマネジメントに対する考え方・言動が職場や課員に与える影響は大きいですよね。

統制しようと考えるのではなく、課員と協働し、様々な業務に参画させていかないといけないですよね。

(株)平和高橋 さま :

やはり管理職層が統制型のマネジメントだけで職場運用してしまうと、課員も大変ですし、色んな意見も出ないですし、自由な行動も抑制されてしまいますもんね。

そういう意味でもマネジメント2.0の考え方は、ぜひ我が社の管理職層にも研修を通じて、身に付けて欲しいですね。あとは、診断データを更に読み込んで欲しいですね。職場の問題点がいっぱい隠れていると思いますので。

未来創造のための道しるべ

(株)平和 中水 さま :

日々忙しく働いているとどうしても見失いがちになりますが、こういった診断を活用することによって、課員がいまどんなことを考えて活動しているのか、そして“我が組織がどうなっていきたいのか”という中長期的なビジョンのようなものが見えてきますよね。

そして、そのためには短期的にどうすれば良いのか、具体的活動が管理職研修の中で共有できるので、より実践的で効果的なんですね。

M-IT岩崎 :

おっしゃる通りですね。いまの時代、なかなか中長期的に計画を立てて事業活動が展開しにくくなっています。

そういう意味でも、我が社は、我が職場は、どんな未来を描いてどんな活動を日々実践して行けば良いか、ビジョンを掲げることは重要です。

そして、現状そこに向かって、どんな活動が展開されているのか、目標に向かって活動していく上で、どんな問題を解決していかなければならないのか、しっかりと人や職場にクローズアップし活動していくことが大切です。

弊社のソリューションでもある組織分析や人財分析が、そんな現状を診断し、各社の目標達成・事業推進のための支援ツールとなれれば嬉しいですね。

御社とご一緒しているプログラムはまだまだ道半ばといったところなので、最後には無事にランディングできるよう運営していきたいと思います。

本日は、貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました。今後とも、御社のために尽力させていただきます。どうぞ、宜しくお願いいたします!

対談者について

  • (株)平和 管理本部人事グループゼネラルマネージャー

    中水 信博 さま

  • (株)平和 管理本部人事グループ人事チームチームリーダー

    高橋 康友 さま

  • (株)M-ITコンサルティング 取締役 C.T.U.コンサルタント

    岩﨑 光洋

▲PAGETOP